FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Objet2『その二つの穴は‥編』その18 最終回 

2012-3-6-d001.jpg  この開かれた口の中に流し込めば良い。

   女はそれを望み、この瞬間の為に全てを受け入れ全てに従う。

    それは犬が主人の前でひっくり返り腹を見せ信頼、忠誠を意味する様に、

     女は自ら両手を頭の後ろへと回し服従を示す。

2012-3-6-d002.jpg 流し込んだ精液の全てを欲しがり、

  口の中いっぱいに飛び散った全ての精液を舌で丁寧に手繰り寄せ、

   さらにもっとと、尿道の奥深くへ舌を這わせ絞り取ろうとする。

    置物は自らの意思を持ち、唯一それが許される瞬間でもある。

2012-3-6-d003.jpg  しゃぶる為、出す為、飲み込む為に作られた口。

   置物となった女の唯一、発した一言は…

    自らその口と言う名の穴を 便所 と呼んだ。

Objet2『その二つの穴は‥編』は今回で終了です。

わざわざ足を運んで頂いた方々へありがとうございました。

次回、新シリーズ『40歳半ばの本質』でお会い出来る事をお待ちしております。

rogo001.jpg

関連記事

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/03/07 06:11 ] [ 編集 ]

自ら便所とは。
なんと素晴らしい奴隷なのでしょう。
流し込む住人様を心から羨ましく思います。
文学的な調教、感激します。
[ 2012/03/07 07:18 ] [ 編集 ]

色々な穴

はじめまして
これも一つの穴なんですね。
邪魔するものが無い穴、とてもきれいですね。

まあ、海外では虫歯治療発展途上の場所もあり、若くして、すばらしい口ができている人も多いようですが。

生々しさよりもきれいな穴だなと素直に思いました。
[ 2012/03/08 01:48 ] [ 編集 ]

Objet2『その二つの穴は‥編』では、小分けした事もあり思ったより長くなって続いてしまいましたが、
最後までのお付き合いをありがとうございました。
撮影当時の心理的な内面の隠された感情を表現出来れば‥と思い、文章を添えていますが、
『作品』と言って頂いた事に感謝しております。
次回のシリーズも、ある意味では淡々とそんな状況を添えて掲載していきたいと思っていますので、
お暇な時にでも宜しければ足を運んで見て頂けたら幸いです。
毎回のコメントに感謝しております。
[ 2012/03/09 13:09 ] [ 編集 ]

はじめまして。
コメントをありがとうございます。
『きれいな穴』とは、ありがとうございました。
本人も、その言葉に穴と言う名の口を大変に喜ぶと思います。
ちょっと、偏った変わった内容の記事、写真が多い、このブログですが、
宜しければ、また寄って頂けたら幸いです。
コメントをありがとうございました。
[ 2012/03/09 13:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whitefullmoon.blog41.fc2.com/tb.php/434-5209837e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。