FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

告白、昼間の私は‥編 その7 

2012-10-22-gs001.jpg2012-10-22-gs002.jpg こんな哀れな醜態を晒してまで欲しがる私。

  仁王立ちになり目の前に立つ男のチンコに、

   貪りつく口の中、奥深くへとそれを押し込む。

    『下さい』

     『どうか、しゃぶらせてやって下さい』

      そんな言葉の数々が自然と身体から湧き出る様に溢れ出す。

       私は母親‥

        2児の子を持つ母親‥

         なのに、私は我慢出来ません。

2012-10-22-gs008.jpg2012-10-22-gs007.jpg 私は物心ついた時からずっと‥

  遡れば子供の頃から、

   近所のおにいちゃん、近所の大人に弄ばれて育ったこの私の身体は

    全身、男達の生々しい匂いが染み付いてます。

     私が、私の子供達の年の頃‥

      もう、すでに男の匂いを知ったこの身体はやがて大人へとなり、

       それは開花されました。

        結婚、離婚、20代、30代、40代と‥

         私の穴の中には、

          常に旦那以外の誰かのチンコや

           誰かがバイブを入れて遊んでました。

2012-10-22-gs003.jpg2012-10-22-gs004.jpg そんな過去の全てを

  私の身体、全身で覚えている。

   この味、匂い、感覚を

    私の身体は必要として止まない。

     どうか、奥へ奥へと‥

      流し込んで欲しい。

       搾り取らせてやって下さい。

rogo001.jpg

関連記事

これまでに、一体どれほど搾り出したのでしょうか。
また、どれほど飲んだのでしょうか。
そう思うほど、跪いて口淫する姿に落ち着いた安定感を感じます。
何らかの競技で、一流選手に対する安心感と言いますか。
それ自体に美しさを感じずにはいられません。
[ 2012/10/23 05:44 ] [ 編集 ]

毎回のコメントをありがとうございます。

搾り取り、飲み込んだ回数は数百回は超えてると思います。
私だけでなく、若い子から年配まで数々のいろんな男性の汁を飲ませてもらってきた様ですから、
私だけでも100は楽に超えてると思います。

いつも綺麗などの言葉を本当に嬉しく思っています。
ありがとうございます。
[ 2012/10/23 12:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whitefullmoon.blog41.fc2.com/tb.php/487-efd2b783


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。