FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

告白、昼間の私は‥編 その8 

2012-11-8-be001.jpg2012-11-8-be002.jpg この瞬間‥

  私の全てが満たされ始める。

   その匂い、感触は体の中、全てを覚えてる。

    目隠しされた私が嗅覚だけを頼りに嗅ぎ回り、

     男の肉棒へと辿り着く。

2012-11-8-be004.jpg2012-11-8-be003.jpg 真っ赤に塗られた唇でキスを‥

  私のしゃぶった軌跡、痕、証拠がわかる様に、

   丁寧に何度も何度もそれを繰り返す。

    尿道をつたって溢れ出る男の汁を‥

     催促するかの様に舌を中へと押し刺して、

      私は、ただ出るその時を待っている。

2012-11-8-be005.jpg2012-11-8-be006.jpg ドクドクと溢れ出るその瞬間‥

  私の体の全てから、いやらしい匂いを撒き散らし、

   生理中のいやらしい母親の穴がそれを強く望む。

    早く欲しい‥

     沢山飲ませて欲しい‥

      いつしか私の舌は亀頭の全てを這いずり回り、

       それが濃く臭い精液であればある程‥

        私の変態的な満足度は満たされてゆく。

rogo001.jpg

関連記事

美しいですね!
本当に美しい。
真っ赤な蘭の花にも似た、余りにもエロチックな美しさ。
堪らないですね。

また、臨場感が素晴らしいです。自らのモノを舐めさせているような気すらします。

ありがとうございます。
[ 2012/11/09 22:46 ] [ 編集 ]

毎回のコメントをありがとうございます。

蘭の花ですか‥
素敵な表現で例えて頂いて嬉しいです。
花も、よく見るといやらしく性器と重なって見える事ありますよね。

当時の記録をおこして書いていますが、
上手く空気感まで表現出来ていれば良いのですが‥。

いつもコメントをありがとうございます。
[ 2012/11/11 03:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whitefullmoon.blog41.fc2.com/tb.php/493-31b23ee8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。