FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

sacrifice 

2013-7-10-ur001.jpg2013-7-10-ur002.jpg  女の言った‥

   『口の中で出されても良いです』

   『口の中に出されたら全部飲ませてもらいます』

   その言葉が何度も頭の中を巡っていた。


  抜かれた肉棒は、

   改めて一から丁寧にしゃぶり直す。

  選ばれた答えの行方‥

   それは、女の望む答えにと辿り着いた様に感じる。

2013-7-10-ur004.jpg2013-7-10-ur003.jpg  この口を使われる事に悦びを感じ、

   咥え、しゃぶる事で満たされる快楽。

   そんな景色が似合いの光景だった。

   舐め回す音が響き渡る中‥

   俺はその口の意味を知る。

2013-7-10-ur005.jpg2013-7-10-ur006.jpg  長年、何人もの男達で培われた女のやり方‥

   それは、今まで知る誰とも違っていた。

   皆から最後に口を選んでもらった女の

   悦び、気持ちの表れなのかもしれない。


   〜作られた第二の性器〜

2013-7-10-ur008.jpg2013-7-10-ur007.jpg  女の口は亀頭を歯茎で抑え優しく噛みながら、

   舌先は尿道へと滑り込ませて、

   溢れ出る唾液で指を使い丁寧にカリの周りを摩ってゆく。

   波打つ肉棒は更に大きくなり、

   それを確認しては喉の奥の奥へと押し込ませ、

   それら一連の動作を繰り返しては

   己の口の意味を確かめてる様でもあった。

   同時に俺の脳は過去の男達とのこの瞬間を

   思い描き想像していた。

2013-7-10-ur009.jpg2013-7-10-ur010.jpg  女は時に肉棒から口を離し、

   『皆さん、それぞれ味が違うんですよ』

   そんな言葉を口にする。

   俺の味は‥?そう聞くと‥

   女は『とても、美味しいです』

   そう答えては両手で握りむしゃぶりつきながら、

   さっきの動作を繰り返し、

   咥え、しゃぶっては味わっていた。

2013-7-10-ur012.jpg2013-7-10-ur011.jpg  そんな光景を俺は不思議に見ていた。

   そして、もう一人の自分が己の欲を満たそうとしている。

   興奮の絶頂とは意外な程に冷静で、

   ある意味では神経が研ぎ澄まされてゆく様だった。


  歯の無い口とは、これ程までに自由なものかと‥

   初めての感触を心底から味わうには、

   それは、驚きの方が多く興味の方が勝っていたのかもしれない。

   ただ、思い言える事は女の膣だけが射精に見合う性器ではないと‥。

2013-7-10-ur013.jpg2013-7-10-ur014.jpg  〜便器〜

  女は今にも射精される俺の肉棒の鼓動を察知し、

   その口を肉棒から外し、こう言った。

   『出される時は、お願いです』

   『横たわる私の大きく開けた何も無い口の中へと扱き出して下さい』

   何とも意味深な言葉で不思議だった。

   『私の口は便器です』

   初めてこうして会う女が、ましてや母親が‥

   射精する男を目の前にを言う言葉に驚いた。

2013-7-10-ur016.jpg2013-7-10-ur015.jpg  俺は言われた通り女の顔に跨がり、

   大きく開かれた口を確認すると女は舌を出して、

   まるで、今か今かとその時を待ちわびてる様だった。

   俺は扱き始めると、それはものの数秒で射精された。


  〜女の口の中へと溜まり出す精液〜

   それは俺の歪んだ征服感へと導く。


  射精され、ゆっくりと萎み始める俺の肉棒に、

   横たわる下から女はそれを咥え先から垂れる精液を舌で絡め取り、

   そして亀頭全てを咥え中にある最後の一滴までを吸い上げていた。

2013-7-10-ur017.jpg2013-7-10-ur018.jpg  ろくに会話もしていない‥

   ほとんど何も知らない女に俺は身を預けていたのかもしれない。


  ほんの少し眠っていただろうか‥。

   気がつくと女は、さっきまでの淫らに狂う姿が嘘の様に、

   清楚に着飾り、化粧を直し、ここへ来た直後の女の姿が目の前にあった。

   当然、口元には偽りの歯がはめてある。


   その瞬間、俺の現実と非現実は混乱していた。

   〜sacrifice〜

2013-7-10-ur020.jpg2013-7-10-ur019.jpg  この後、急いで子供達が待つ家にと帰るのか‥?

   それとも、違う男の場所へと向かうのか‥?

   それはわからない。

   敢えて余計な事は聞かなかった。


  ただ女は満足気な表情で一言‥

   『もし、この身体を気に入って下されば、またお願いします』

   そう言って夜の9時過ぎに先へホテルを出て行った。


  そして、この日を境に互いの距離は縮まり、

   俺と女との8年の歴史が生まれ積み重ねられてゆく。

rogo001.jpg

関連記事

住人様のその時の驚きと興奮、未知との遭遇に際しての探究心が伝わります。
さぞや驚かれた事でしょうね、そして興奮も。
その瞬間さえも快楽以上に好奇心が働いていたのだろうと思います。

しかし、本当になんとも言えない表情ですね。
男の本能に直接的に訴える色気に満ち溢れた表情、最高です。
この美しい口腔を汚してみたい、そう思います。素晴らしいです、今回もありがとうございます。
[ 2013/07/10 05:12 ] [ 編集 ]

毎回、いつもコメントを本当にありがとうございます。
今回は過去の記憶を辿り記事にしてみましたが、振り返るとやはり‥
興味と驚き、そして好奇心につきるのかもしれません。
初めての経験‥運命とはその瞬間から別の方向へと動き始めるものですね。

アモン様が言う様に『口を汚す』
それこそが征服感に繋がっている気がします。

今回、掲載した記事の中から、いくつか特別バージョンで再編集し限定という形でお見せ出来ればと編集中です。
多少時間がかかると思いますが気長にお待ち頂けたら幸いです。
ささやかながら、日頃の感謝の気持ちでお見せ出来ればと思っております。

いつも褒めて頂くコメントをありがとうございます。
[ 2013/07/11 20:56 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/07/11 21:14 ] [ 編集 ]

こんばんわ
愛おしそうに肉棒にしゃぶりついてる姿は
とても清楚な母親とは思えない姿ですね
可愛いママの男を立てながら自らの欲求を満たす性癖が
とても素敵で卑猥な可愛いママの本性なんですね
改造して第二の性器にした可愛いお口の喉の奥、舌、歯茎、頬の裏、
全てを使って男性の肉棒に甘えてしゃぶり尽くす姿はとても素敵ですね
そのお口で何人も何人も文字通りにしゃぶり尽くしてきて
どんな経験をつんだ男性でもその可愛いお口の虜にして
男性の思うようにお口を使われてしまうことを喜んでしまうのかな
自分からベットに横たわり最後のフィニッシュは男性に待たせて
まさに性処理用の自覚なのか、自分はその可愛いお口だけをいっぱい広げて
まるでトイレのような扱いをされて喜んじゃっうなんてとても素敵で可愛いです
きっと、可愛いママの素敵なお口で吸いつくされたあとは
ママに甘えながらうたた寝したいです
[ 2013/07/12 00:06 ] [ 編集 ]

こちらこそ、内面のお話までさせて頂く得難い友に巡り会い大変に嬉しく思っております。
そんな感謝の気持ちを込めてささやかながら掲載出来ればと‥。

お気持ちをありがとうございます。
[ 2013/07/15 00:38 ] [ 編集 ]

こんばんわ。

毎回、大変に嬉しい言葉のコメントをありがとうございます。
甘えながらを想像して見て頂けてる事は不思議と嬉しく思っています。
確かに、この口で何人もの男のモノを口で含んできました。
中には、当時10歳以上も離れた二十歳の子もいたそうです。
その子も本当に甘える様に女のいろんな場所に吸い付き舐めていたそうです。
そして、頭を撫でながら射精の後に眠っていったそうです。
秀人様が想像してる様な現実を歩んできた女です。

でも、この様な口キスをして甘えたいなんて言って頂けて女は嬉しく思っています。
普通は驚き、もしかしたらそんな想像すらせず嫌がるかもしれませんから‥。
こんな淫らな母親の姿ですが、今後も秀人様の『ママ』と想像して頂いて鑑賞して頂けたら幸いです。

いつもコメントの中に心温まる優しい言葉を頂けて感謝しています。
秀人様はSなのでしょうか?
たとえSだったとしても素敵なSなのでしょうね。
そんな姿を頂く言葉から想像しています。
また、お時間のある時にでも経験されたSMのお話など聞かせて頂けら幸いです。
コメントをありがとうございました。
[ 2013/07/15 00:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whitefullmoon.blog41.fc2.com/tb.php/543-55bd398a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。