FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

特異な空間と漂う匂い 

2013-7-12-sk017.jpg2013-7-12-sk018.jpg  四十しざかり‥そんな言葉が今も尚、残る現在‥

  そこには何かの裏付けがあったに違いない。


  前回から出会いの瞬間、その時を書き綴ってきたが、

   振り返ると今の方が性に対する貪欲な生き物へと変化してるのは間違いない。


  そして、出会った当時より当然年齢を重ね容姿も変わっていった。

   それが、いったいどの様に‥?

   それを言葉で表現する事は難しいが、

   年齢の積み重ねによる体系の変化‥

   ただ、その一言で表現出来るものとは違う気がする。

2013-7-12-sk020.jpg2013-7-12-sk019.jpg  匂い‥?

   ある年齢に達した、ある女が発する独特の匂い。

   膣は性器の意味を消し、アナルは遊ぶ穴を超え

   口は新たな性器と化し、身体全体は見られる事によって作られてゆく。


  ここに映る女は、確かに見られる事で己を見出す。

   だからこそ、そんな姿をお見せ出来る隠れた覗き部屋‥

   発する匂いの充満するそんな部屋が必要なのかもしれない。


  『見世物小屋』

   子供の頃に聞いた、そんな言葉に今も魅了されている。

2013-7-12-sk021.jpg2013-7-12-sk022.jpg  単純に若ければ、そこには一時の思いつきや

   個人の欲望、自我、自尊心との葛藤などが纏い

   やがて年月が過ぎれば過去の産物になる事もあるだろう。

   でも、それがこの年齢になると方向性が定まる。

   それは、もう一つの現実に縛られてしまうから‥。

   その現実があるからこそ、それを解放し壊す場所が必要となる。

   それは皆、同じなのかもしれない。


   皆、今にも千切れそうな綱渡りの理性を保って生きている。

2013-7-12-sk024.jpg2013-7-12-sk023.jpg  通りから外れた裏通りの看板もない、ある店の一室で‥

   醜態を晒し見られる事に欲する女が裸になり一人踊っている。

   見られる事で作られてゆく、その姿。


  隠された淫靡な世界へと続く扉‥

   その扉は、それぞれの理性があってこそ不満を持ちそれを見つめ開かれる。


  自由は手足縛られた鎖の連鎖の中で‥。


  拍手から言葉を頂くフ○○様‥

   毎回、優しさに満ちた温かな言葉をありがとうございます。

2013-7-12-sk001.jpg2013-7-12-sk002.jpg2013-7-12-sk003.jpg2013-7-12-sk004.jpg

2013-7-12-sk005.jpg2013-7-12-sk006.jpg2013-7-12-sk007.jpg2013-7-12-sk008.jpg

2013-7-12-sk009.jpg2013-7-12-sk010.jpg2013-7-12-sk011.jpg2013-7-12-sk012.jpg

2013-7-12-sk013.jpg2013-7-12-sk014.jpg2013-7-12-sk015.jpg2013-7-12-sk016.jpg

rogo001.jpg

関連記事

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/07/15 06:37 ] [ 編集 ]

こんばんわ
若い頃よりも今の方が淫靡で妖艶さを増しているなんて
とっても素敵で可愛いママの魅力的なところだと思います
椅子に座る姿やふとした瞬間の仕草などから本当に清楚で素敵な女性なんだと
でも普段は淫乱な身体になっていることを少しも匂わせることのない可愛いママなんだろうと感じます
たぶんいつも拡がりっぱなしでヒクヒクおねだりするアナルに性器に変わった可愛いお口
綺麗なピアスで素敵なマンコがとっても素敵です
そんな身体をいっぱい見られながらどんどん綺麗になるなんて素敵ですね
まるで奴隷市で手品さらた女の様に身体を余すことなく見せるポーズのすべてが
可愛いママにとってはその美しさを保ちながら、さらに淫靡に妖艶な女性になるためのものなんでしょうね
[ 2013/07/15 23:32 ] [ 編集 ]

お返事が遅くなって申し訳ありません。
コメントをありがとうございます。

同じ姿も、並べてみると案外違いや時の変化などがわかって楽しいものです。
でも、そういう所が拘りの歪んだ性癖の一つなのかもしれません。

芸術には程遠いですが、そんな風に思って見て頂けて嬉しくも思ってしまいます。
脇からでも、正面からでも、時には裏口からでもお越し頂ける事をお待ちしております。

コメントをありがとうございました。
[ 2013/07/22 04:44 ] [ 編集 ]

毎回コメントをありがとうございます。
そして、お返事が遅くなって申し訳ありません。
おしゃる通り、見られて育つ身体の持ち主の女です。
それが、秀人様の様なお若い方に見て頂けて感想まで頂けて嬉しい限りだと思います。
そうですね、まるで奴隷市で並べられて熟女の品定めをされながら鑑賞して頂けてる感じで見て頂けたら幸いです。
確かに、普段の女の姿とBlogに映る女の姿とではギャップがありますが、そのギャップがあって
それを発散するかの様な姿が産まれるのかもしれません。

いつも優しく思いながらの感想を頂けて本当にありがとうございます。
熟女の女の姿を秀人様の興奮の素材にでも混ぜて頂けたら何より嬉しく思います。
コメントをありがとうございました。
また、お越し頂ける事を心待ちにしております。
[ 2013/07/22 04:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whitefullmoon.blog41.fc2.com/tb.php/544-1506baa4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。