FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

拘りの痛み 

2013-8-5-te001.jpg  女と知り合った同じ頃に手にした1台のバイクがある、もう8年近くの付き合いになるだろうか‥。

   特に高価で価値のあるバイクじゃないけど俺にとっては代え難いかけがえのない道具の一つ。

   勝手な思い入れのある物になってる。


  ある男との別れ、そして知り合う女と同じ頃に手にしたバイク。

   簡単には廃車、手放す事はしたくない。

   8年の時を過ぎ間も無く走行距離は10万kmになろうとしてる。

   バイクにしては、ずいぶんと酷使し過ぎで距離を走っただろうか。

   その間、幾度となくオイル漏れに見舞われ、修理しては直してを繰り返し、

   あるパーツは劣化と共に壊れては取り替え、それでも今も健気に走ってくれてる。

   他人から見たら意味をなさない古物にしか思えないだろう‥。

   もう修理代に新車ぐらいラクに買える金はとうに過ぎている。

2013-8-5-te003.jpg2013-8-5-te002.jpg  〜愛着〜

   思い入れなど他人から見たら、

   まったくの意味の持たない

   勝手な拘り、自己満足。

   そんなもの達の想い

   究極なのかもしれない。

2013-8-5-te004.jpg2013-8-5-te005.jpg  経年劣化と経年変化。

   それをどう捉えどう感じるかは、

   それを手にして使う者の思いしだい。

   そこに至るまでの過程の年月の積み重ねが

   今の思いに繋がる。


  ここに写る女の姿は30代後半の頃の姿‥

   今から6,7年前の姿の女になる。

   丁度今と同じ頃の夏の時期だろうか‥

   仕事帰りの女の私服姿だろう。


  今、気が付けば時間は誰にも平等に過ぎ去っていた。

2013-8-5-te007.jpg2013-8-5-te006.jpg  俺自身も40歳を越えまさに今、中年の真っ只中。

   それは若かりし頃から振り返り比べれば経年劣化だろう。

   それに真っ向から逆らうつもりなどない、

   逆らうでもなく、受け入れるでもなく、

   ただ上手く流されていきたいと思う。


  出来れば‥

   経年変化と思われる様にと‥。

   そんな歳のとり方が出来れば良いさと‥。

   それなりに、カッコ良い50代へ。

2013-8-5-te008.jpg2013-8-5-te009.jpg  女も30代から40代、そして50代へと‥

   後を追い掛けるかの様に俺も50代へと向かう。


  歳を重ねるにつれ、

   つまらない拘りなど薄れてゆくものだと思っていた‥

   それが年々どうでも良い物に妙な拘りが増え始めてくる。




  〜paranoia〜

   思い込みの価値観に己自身が支配されてゆく様だ。

2013-8-5-te010.jpg  この先、それがいったい何処へ向かうのか何もわからない。


  女に対する性欲、性癖‥

   それさえもその都度、姿、形を変え表されてゆく。

   ただ、人間の根源にあるモノは何年経とうが変わりはしない。

   元来、そんなモノが俺の中にはあったに違いない。

   そう、年齢が増すたび、それらが生まれたわけじゃない。

   拘りが今の俺の今の姿を作り上げてるだけ‥。

2013-8-5-te016.jpg2013-8-5-te017.jpg  俺の身の周りにある物‥

   ほとんど全てが、

   一定の拘りで埋め尽くされてる事に気づかされる。

   何年も同じ物を使って‥

   何十年も同じ物を身に付けている。


  そんな身勝手な拘りの愛着と執着で、

   共に何十年と過ごした物達で溢れてる。

2013-8-5-te019.jpg2013-8-5-te018.jpg  女に対する執着、拘りも‥

   そんな物達と何ら変わらない。
 
   趣味と拘りで集めて道具の一つ。

   使い続けて価値ある物達‥。


  だから‥

   使い古されてからが本当の姿が現れる。

   何年も何十年も同じ物を使い続けて‥


  経年劣化じゃなく経年変化‥

   そんな月日を共に過ごす拘りが今日もある。

rogo001.jpg

関連記事

こだわって使い込む事で味わいが増す、その様な愛着ある道具。
私にも良く解ります。
確かに振り向けば、一定の好みによって身に着けるものすら決まってきますし。
年齢を重ねた今だからこそ分かる魅力、それもありますね。
[ 2013/08/07 06:20 ] [ 編集 ]

毎回、いつもコメントをありがとうございます。

ある意味、私の場‥貧乏性でもあるのですが、どうも長年共に生きた物達とは捨てがたいと言うか、思い出が甦ってきたりで‥。
きっと、たぶん、それが愛着となるのでしょうね。
以外と、大事にしてなかった物でも、ずっとある物が気づくと大切な物に思えたりして‥。

そう思うと歳を重ねる事も悪くないですね。
それにより、気づかされ再確認され淘汰されて残って本当に自分にとって必要な物達が集まってゆくのでしょうね。

まだまだ、暑い時が続きますがお身体を壊さない様にされます様に‥。
本当に毎回の気持ちあるコメントが嬉しく思っております。
ありがとうございます。
[ 2013/08/11 03:33 ] [ 編集 ]

こんばんわ。
スーツ姿のママ。とても綺麗ですね。スラリと伸びた脚と華麗に履きこなすヒール。スリットから覗くストッキングのレース。
あの姿が全く想像出来ないくらいの美人さんじゃないですか!めちゃくちゃ驚きました
ママの美しさを汚さないように上手にエスコートをしないと汚してしまう
そんな厳しさと怖さ、そんなものを感じてしまいますね
だけど、こんな美人をエスコートできる男としての自尊心が勝って
身体が勝手にママの美しさを引き立たせる様に、動くと思います
何よりもママの本当の姿を知っているという優越感すら男の快楽でしょうね
誰にでも自慢したくなる美人なのにあんなに可愛い姿になってしまうなんて素敵ですよ
今回ははじめの二枚の画像のほうが卑猥で淫靡に見えました
学生時代はでアメ横の有名店でバイトしてたくらいのアメカジ派なので使い込むと味のでる革やジーンズに痺れまくりです
ソールを何回もリペアしたアイリッシュセッター、同じくほつれをリペアしたリーバイスの501達にすっかり馴染んでるライダースやA-2ジャケット、
みんな拘って使ってきてますし、これからよろしく使い込むよと愛着たっぷりです
仰るとおりに良い物はは使い込まれて本当の姿を表す。経年劣化じゃなくて経年変化。その通りです。10年前に購入したFenderUSAのストラト。当時は評価が散々で安かったけれども今はビンテージとして評価されて羨望の眼差しを浴びる愛機です
[ 2013/08/13 00:00 ] [ 編集 ]

こんばんわ。
いつも嬉しいコメントをありがとうございます。
なかなか普段は服を着てる状態の女の姿を写真で撮り掲載する事はないので
ある意味、逆に驚かれたのかもしれませんね。
でも、普段の姿であり、日常はこんな姿で過ごし女の本性を隠して生活をしています。
『ママの本当の姿を知る優越感』と書いて頂きましたが、こうして会話をさせて頂いて今では秀人様も女の本当の姿を知る一人となっていますよ。
私としても嬉しい事です。
話は変わりますが、私も良い歳をして今だにアメカジって事だけではないのですが、
そんな風な感じで過ごすプライベートが多く、特に皮の物が好きで
サドルレザーなどの使い込んだ色合い味が何とも言い様のなく、何年も大切に磨いては手入れをしています。
アイリッシュセッターなんて懐かしい言葉に顔がほころんでしまいました。
今も大切に20年前のレッドウイングのエンジニアを履き込んでますよ。
ただ、バイクに乗る事も多くソール以外で皮の全面がギアで痛んでしまいましたが今だに大切な一品の一つです。
革ジャンも好きでバンソンのライダースなんか冬場は現役で頑張ってくれています。
過去の記事内でも書いていますが、カテゴリー(日常の道具)内にある『革と皮』も宜しかったら時間があれば読んで見て下さい。
物に対する考え方しだいですよね。
他人から見たら古びたガラクタでも、そこに想いや歴史がつまり経年劣化でなく経年変化に変わる。
そう信じて一つの物を大切に今も拘りを持って使っています。
人としても、そんな歳のとり方が出来たらなと‥。
また、それこそ機会があればそんな自分勝手な想いの詰まった物の写真も掲載してみたいと思います。
楽しく懐かしいお話をありがとうございました。
また、よって頂く事をお待ちしております
[ 2013/08/14 01:57 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/08/14 12:08 ] [ 編集 ]

コメントをありがとうございます。

共に同世代で恐らく同じ様な青春を通り過ぎてきたのだと思います。

バイク‥今からでも決して遅くはないと思いますよ。
私も、本来最初に免許を取った目的は中年過ぎのその頃にカッッコ良くバイクが乗れたらと思って
20歳の頃に取ったのがきっかけです。
今のバイクも特別高価な価値のあるバイクじゃありませんが、さすがに10万キロ近くも走ってると相棒の様な感覚になり、
修理しては走っての繰り返しでお金も手間もかかりますが、なかなか手放せない旧友的な存在です。

アメ横とか懐かしいですね。
私も若い頃に雑誌を見て、はるばる遠くから電車で少ないお金を握りしめてMA-1を買いに行った事を覚えています。
いまだに時に革ジャン、時にMA-1などを着て過ごしてる事が多いんです。
その点は、あの頃と変わってないのかもしれませんね。
さすがに、当時最初に買ったMA-1は無くなってしまいましたけど‥。
こんなお話をしてると、それさえも残念に思えてしまいます。

バンソン、ショットと私も好きで、まだ現役ですよ。
そうですね‥そんな時代があったからこそ今に繋がって今が形成されてるのでしょうね。
かけがえのない思い出です。

でも、N様も同じ様な時代を過ごされ青春を過ごされ‥
なんだか、とても懐かしい感じでお返事を書かせてもらっています。

今回はまたひと味違う楽しいコメントをありがとうございます。
お時間のある時にでも、またそんな時代の懐かしいお話を聞かせて頂けたら幸いです。
ありがとうございました。
[ 2013/08/14 22:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whitefullmoon.blog41.fc2.com/tb.php/548-d1f4f6d7


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。